スイングpopをデザインするときのポイント

スイングpopをデザインするときのポイント

オリジナルのスイングpopを作りたいというときには重要なポイントが三つあります。販促ツールとしての特徴をよく理解してみると明確になる重要点を押さえた上でデザインを始めると費用対効果の高いものが作れるでしょう。

目立ってインパクトがあること

スイングpopを販促ツールとして使用するメリットは目立つことに他なりません。必然的にデザインも目立ってインパクトがあるものにするということが重要です。少し派手なくらいの色合いにして棚などから浮き彫りにされるような姿にするのが望ましいでしょう。まだ内容がわからない段階から、色合いで目が向いてしまうようにするとスイングpopのメリットを生かすことができます。取り付けた場所から飛び出していて、自分を見て下さいと主張しているスイングpopにさらに魅力を付与するためにはインパクトのある色合いを考えるのが効果的です。赤や黄色などの刺激の強い色を使用すると目の片隅に入っただけでも意識に留まりやすいので活用しましょう。

一言フレーズで目的を伝える

スイングpopはふと目に入ってくるというのが特徴です。販促ツールとして活躍してもらうためには、目に入ってくれたところから中身を読んで理解してもらうという段階に入らなければなりません。中身を認識して読み進めるのが大変だと思われてしまったら意味がないでしょう。基本的なデザインとして一言フレーズで目的を伝えられるようにしておくのが賢明です。キャッチコピーを記載したり、SALEと一単語だけ買いたりするのも良いでしょう。もし店として行っているキャンペーンなどがあるならキャンペーン対象品と書くだけに留めておくのが効果的です。目に留めてもらった効果を確実に発揮させるためには短いフレーズで全てを伝えるのが重要になります。

手書きができるデザインも効果的

スイングpopの効果を高めるためのポイントとして手書きのメッセージは有効でしょう。プリントされた文字よりも伝えたいものがあるという印象を持ってもらいやすいからです。手書きができるスペースを作ってデザインをしておくのも効果的な方法であり、枠だけを作って大量発注すれば単価も下げられるメリットがあります。そうすることである商品に特化した情報を記載して消耗品として利用してしまってもそれほど高価な販促ツールだという印象を受けなくなるでしょう。売りに出したい商品があるときには心を込めた手書きのメッセージを入れたスイングpopを付けるようにすると、多くの人に興味を持って読んでもらえる可能性が高くなり、プラスアルファの販促効果が期待できるのです。